ウォーターサーバー導入のデメリット

ウォーターサーバーを導入することによるデメリットについて

色々なデメリットもあります

ここでは、ウォーターサーバーを導入することによるデメリットについて取り上げてみました。導入の際の参考になさってください。

サーバーの置き場所が必要

ウォーターサーバーは室内に設置して使うものなので、スペースの確保が必要です。最近のサーバーはA4サイズ分ぐらいのスペースがあれば十分設置できますが、確保できないと設置はできません。

リターナブル(ボトル回収)タイプの場合は、回収時まで空きボトルを保管するための場所も確保する必要があります。床に並べておくと結構場所を取るので、メーカーにパレット(ボトルが積み重ねられるようになるもの)のレンタルをお願いしましょう。

ワンウェイタイプのものも、注文は2本以上からとなっているものが多いため、ストック分の置き場所確保が必要です。

経費がかかる

どのメーカーも「ペットボトルより安い」ことを売りにしていますが、これは500mlペットボトルと比べた場合。1リットル換算にすると、ディスカウントストアで売っている価格とほぼ同等か高くなることも。これにその他の経費(レンタル料、配送料など)を上乗せすると、経済的と言えるのか微妙なところです。

もっともレンタル料や配送料は無料のメーカーも多いので、そういったものを選ぶと良いかもしれません。電気代についても、普段電気ポットを使っていない家庭なら、サーバーを導入でそれまでより割高になってしまいます。

電気代を節約したいからといって通電を切った状態で使用すると、衛生状態を保てませんので避けましょう。(個人的には、サーバー電気代も月1000円よりはちょっと高いという印象です)

地震で転倒しやすい?

ウォーターサーバーは上部にボトルを設置するため、重心が上となり、地震の際には非常に転倒しやすくなります。地震で転倒しないように対策が必要です。もしくは卓上型サーバーを選択すると安心です。ボトルをサーバー下部に設置するタイプのダスキンの天然水「スプラッシュウォーター」、コスモウォーターの「ワンタッチらく楽(らく)サーバー」、Mizの樹もおすすめです。

ボトル交換は意外と大変

ウォーターボトルは大容量のため、結構重いです。腰や腕など体に問題があり重いものを持てない人やご老人などは、水の交換に苦労するかもしれません。そのような心配がある場合には、7~8リットルのコンパクトなウォーターボトルを提供しているメーカーを選ぶとよいでしょう。もしくは、ウォーターボトルをサーバー下部に設置できるタイプのものもおすすめです。

災害避難時、外に持ち出すことができない

メリットとして「災害時にも便利」と書きましたが、自宅外に避難しなくてはならないような場合には、大きすぎてなかなか外に持ち出すことが出来ません。出来たとしてもボトル単体で使用することが出来ないタイプのものも多く、サーバーに差し込まなければ役割を果たしません。緊急持ち出し用のペットボトルは数本用意しておくとよいでしょう。