バナジウムって何?

ウォーターサーバーで良く聞くバナジウムって何?

バナジウムの効能・効果

近年注目されている、「バナジウム入り天然水」。健康によいとされていますが、いったいどういうものなのでしょうか。

バナジウムとは金属の一種であり、天然水に含まれるバナジウムとしては、ミネラル成分の一種と考えてよいでしょう。地表に広く分布されている成分なのですが、日本ではとくに富士山周辺の地下水などに多く含まれるとして有名です。

バナジウムの健康効果

血糖値を下げる

バナジウムに血糖値を下げる効果のあることが、ラット実験により証明されています。インスリンと似た働きをするため、糖尿病治療薬として効果が期待されています。糖尿病の人や血糖値が気になる人は、積極的にとりたいものですね。血糖値が上がりにくくなると、中性脂肪が体内で作られにくくなるためダイエット効果も期待できます。

コレステロール値の改善、脂質代謝促進

バナジウムにはコレステロールの合成を抑制したり、脂質や脂肪酸の代謝を促す効果があります。ダイエットにももちろんのこと、生活習慣病の改善にも役立ちます。

摂り過ぎも良くない!?

このように様々な健康効果が期待できるバナジウムですが、過剰摂取は逆によくありません。バナジウムの過剰投与による障害としては、脱水・下痢・呼吸困難・腎臓障害などがあります。ただし天然水に含まれる程度の量であれば、まったく問題はありません。
ウォーターサーバーのお水から、人体に害がある程度の摂取は逆に難しいでしょう。したがって天然水に含まれるバナジウムについて心配する必要はなく、むしろ健康によいので積極的に摂取したいものです。

バナジウム天然水のウォーターサーバーはここ!

バナジウムが豊富に含まれた富士山の天然水を扱っているウォーターサーバーには、以下のものがあります。

  • フレシャス(85μg/L)
  • プレミアムフジ(85μg/L)
  • コスモウォーター(富士の滴:122μg/L)
  • アクアリズム(富士の滴:122μg/L)
  • オアシス(富士の天然水:122μg/L)
  • オーケンウォーター(富士のバナジウム天然水:122μg/L)
  • ワンウェイウォーター(凛:122μg/L)
  • ドリームウォーター(バナジウムくん:122μg/L)
  • 恵ウォーター(富士の恵:122μg/L)
  • 富士青龍水(91μg/L)
  • クリティア(91μg/L)