ビスフェノールAについて

環境ホルモンの一種であるビスフェノールAについて

ビスフェノールAとは

ビスフェノールAとは、環境ホルモンの一種です。ポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂の原料となる化学物質であり、人体への有害性が指摘されています。今のところ人への影響は不明とされていますが、積極的に摂るものではないというのは確かです。

ビスフェノールAは加熱することで溶け出す特徴があるため、飲食物の容器などにポリカーボネート樹脂を使用している場合には注意が必要です。

ガロンボトルの原材料はポリカーボネートが多い

リターナブルタイプのガロンボトルはポリカーボネート樹脂で出来ているものが多く、ボトル回収後の高圧・高温洗浄殺菌時にビスフェノールAが溶け出しているのではないかという指摘があります。

しかし、ボトルに充填されたお水にビスフェノールAが溶け出しているという検査結果は今のところありません。
洗浄殺菌時に使った水がそのままボトルに残されて飲用水と混ざるというわけでなければ、過剰な心配は不要と考えます。

また、ウォーターサーバーは熱水が出ますが、水を温めているのはボトル内ではなくサーバータンク内なので、サーバーの熱水を利用することによるビスフェノールA溶出の心配はありません。

心配ならワンウェイ(使い捨て)サービスを

たとえば妊婦さんや乳幼児のいる家庭などは、どうしても神経質になるところかもしれません。どうしても気になるようであれば、ワンウェイのウォーターサーバーを選択するとよいでしょう。