放射性物質は大丈夫?

ウォーターサーバーの水は放射性物質は大丈夫なのか?

水質検査と水の備蓄

ウォーターサーバーが急激に普及率を伸ばした要因の一つとして挙げられるのは、原発事故です。2011年3月の東日本大震災、そして原発事故により、東北のみならず関東の水道水にまで不安が及びました。ペットボトルのミネラルウォーターが品薄となり購入制限まで設けられ、ウォーターサーバーの需要が急激に高まったのです。

そんな背景があるウォーターサーバーですが、使用されているお水は実際のところ汚染の心配がないのか、気になるところですね。

当サイト紹介のウォーターサーバーは、すべて放射能汚染の心配がありません。当然ですが、当サイトで紹介しているウォーターサーバーは放射能汚染の心配がありません。当サイトで紹介している天然水のウォーターサーバーは、どれも放射能汚染の影響がない地下水や湧水を使用しています。またRO水は放射性物質をも除去出来るろ過装置ですので、より安心です。

さらにほとんどのメーカーが定期的に水質検査を行い、放射性物質が含まれていないことを証明しています。水質検査が実施されているかどうかは、ウォーターサーバーのお水選びの最低条件ですね。

今後同様なことが起こった場合には?

今回は世界最悪規模の原発事故が福島県で起こりました。放射性物質は各地に飛散しましたが、特に東北~関東への汚染が集中しました。地震と原発が多い日本。今後同様の事故がまったく起きないとも限りません。

また、利根川水系で高濃度ホルムアルデヒドが検出された出来事も記憶に新しいですね。このような水質汚染が起きる可能性は、どこにでもあると言えます。天然水は豊富なミネラルや溶存酸素などが魅力ですが、万が一水源に汚染が起きた場合にはちょっと不安かもしれません。ただし地下数百メートルから汲み上げている地下水なら、地上からの汚染の影響は少ないと考えられます。当サイトで紹介している天然水系ウォーターサーバーは、どれも地下から汲み上げた天然水です。

RO水は逆浸透膜ろ過装置を使用してろ過された、純度99.9%以上の『純水』です。そのため、一般的な水道水を原水として使用しているRO水のメーカーもありますが、逆浸透膜でろ過された水なら汚染の心配がなく、安心です。

もうひとつポイントとしては、「採水地や充填工場の近くに原子力発電所がないこと」が挙げられるかもしれません。しかし放射性ヨウ素やセシウム、ストロンチウムなどの放射性物質は風に乗って広範囲に運ばれることも知られているように、近くに原発がないから絶対安心とも言い切れないのが現実です。

水の備蓄も大切です

「我が家はウォーターサーバーがあるから安心!」と思っている人も多いかもしれませんが、あらゆる可能性を考えれば、備蓄水の必要性は非常に高いです。ウォーターサーバーを契約している場合には、ウォーターボトル(ウォーターパック)を備蓄用として常に数本ストック出来ている状態で使用するのがベストでしょう。

リターナブル業者の場合は、ボトルの追加注文の際に同数の空ボトルを返却しなければいけないルールを設けているところもあり、そうなるとボトルでの備蓄は難しくなります。しかしこれも、業者さんに相談すればOKしてもらえるところがほとんどです。ただし、ボトルはメーカーから借りているもの。過剰な備蓄は禁止されます。

ウォーターサーバーを導入している家庭では、いつも使用しているウォーターボトルでの備蓄の他に、予備としてペットボトルのミネラルウォーターをいくつか準備しておくと安心ですね。個人的におすすめなのは、「宅配専用「水のクリタのうまい水」」です。

ウォーターパックなので備蓄の際にも場所を取らず、使用後も小さくたたんで捨てられるのでゴミがかさばりません。また初回購入時に専用のパックスタンドが無料で付いてきます。このスタンドは折りたたみ式なので、使用しないときは畳んで仕舞うことが出来ます。