水道水は危険!?

ウォーターサーバー基礎知識・水道水は危険!?

水道水に塩素が添加される理由と心配

水道水に添加される塩素は、水を消毒するためのものです。原水となる川などの水は、そのままでは病原菌が存在する危険性があります。浄水の過程で塩素による消毒が行われますが、残留塩素濃度は人体に影響のあるものではありません。日本の水道水に含まれる塩素は、WHOのガイドライン値と比較してもずっと低く、世界的に見ても非常に安全と言えるでしょう。

水道水に含まれる塩素が問題視される理由としては、食味の問題がまず挙げられるでしょう。いくら問題のない濃度であると言っても、「水道水は塩素のニオイ(いわゆるカルキ臭)が鼻につく」と言う人は多いはずです。

この塩素、実は簡単に除去することが可能です。浄水器を使うことでも除去できますが、煮沸したりレモン汁やビタミンC粉末を少量加えることによっても取り除くことができます。ただし、塩素を除去したお水は長持ちしないので、早めに使い切ることが大切です。

トリハロメタンが含まれる理由と心配

トリハロメタンは発がん性物質として問題視されています。水道水に含まれる理由としては、原水に含まれる腐植質・有機物質と塩素が反応し、トリハロメタンがつくられてしまうためです。トリハロメタンの含有量は水道法で厳しく制限されているため、生涯飲み続けたとしても影響は極めて少ないと言われています。そうは言っても発がん性物質ですから、出来ることなら摂取はしたくないものですね。その点、ウォーターサーバーのお水はやはり安心と言えます。

「飲み水はウォーターサーバーでも、節約のため調理用は水道水を使用したい」という場合には、蛇口取り付け型の浄水器「東レトレビーノカセッティ」などが良いかもしれません。

その他(ダイオキシン、鉛など)の心配

ダイオキシンは環境ホルモンの一種で、土壌汚染などで問題視されていますが、水には溶けにくいという性質のため、水道水においてもその数値は非常に低いようです。

水道管に使われていた鉛についても問題視されています。現在は使用が禁止されていますが、禁止前に設置された水道管の中には鉛が使われているものもあり、全てが交換されているわけではないため、心配は完全になくなったわけではないようです。

原発事故による放射能汚染(放射性物質混入)の危険性

各浄水場では活性炭によるろ過を実施するなどの努力もされてきたようですが、完全に除去するまでには至らなかったようです。現在は水道水から放射性物質が検出されることも少なくなりましたが、原発事故が収束していない現状を考えると、今後同じようなことがまったくないとは言い切れません。

一部報道で「ポット型浄水器に一定の除去効果がある」と紹介されていましたが、これも100%ではありません。また、その場で自ら検査できるわけではもありませんので、実際に除去できているのかどうかもわかりませんね。

その点、ウォーターサーバーはどこのメーカーも定期的に放射性物質の検査を実施しており、安全性が証明されています。当サイトで紹介しているウォーターサーバーは、すべて放射性物質が不検出のもののみとなっています。